腐女子が「おっさんずラブ」を厳しい目で見たネタバレ感想 総括

こんにちは、腐女子歴25年のテエラです。

おっさんずラブが終わり、ロスになるかと思いきや、まだ最終回の余韻に浸ったままの状態です。
確かにおっさんずラブのない土曜日の夜は何だか心にぽっかり穴が開いたような喪失感はあるけど!

さて、最終話の総評を、ドラマ全体を含めながら書こうと思いますよー!

最終回を見終えての感想

よかった。

とにかく、よかった。

もうそれに尽きました。

百点満点でした。

部長のはるたんへの想いは本当にまっすぐで切なくて、幸せになってほしいと思う反面、やっぱり推しである牧くんに気持ちが入ってしまっていたので…。

あと、最終話までに、牧くんや部長、ちずからのそれぞれの形で愛をもらったはるたんが、最終話ではどうか自分から動いてくれと願っていたので、ああいった形で牧くんを迎えに行ってくれたことが本当に嬉しかったです。

そして何より、このドラマに関わっている全ての方の、ドラマへの愛がひしひしと感じられたことが、このドラマがたくさんの人に愛された理由だと思いました。

こんな風に、見ているだけで、スタッフさんたちみんなが心からこのドラマを楽しんで作ってるんだな~と感じられたのは初めてでした。

毎週毎週、画面を通じて、ドラマへの愛が伝わってくるようでした。

俳優さんたちの演技は、ドラマというより舞台の感覚に近くて、演じてみるまでどうなるか分からないと話されてたように、本当にみんながみんな、役として一瞬一瞬を生きていました。

私は恐れていたロスが思ったよりなかったんですが、それははるたんと牧くんの日々が、最終回で終わった気がしないからなんですよね。

はるたんと牧くんがこの世界にまだちゃんと生きていて、相変わらずドタバタな日々を送ってると、そんなわけがないのに、そう思えてしまう説得力があるドラマでした。

全七話のドラマを見たという感覚ではなく、春田創一という人間の人生の一部分だけを切り取って放送されたような、今はそんな気分です。

はるたんと牧くんに命を吹き込んで、丁寧に演じてくださった田中圭さんと林遣都さんには感謝しかありません…:///;

各登場人物について

牧くん

私が牧くんのモンペと化したのは、2話で、牧くんがはるたんへのキスを冗談だったと言った瞬間でした。

好きな人のことを思って自分の想いを殺そうとした、あの姿に心を掴まれてしまった…。

なんでもできるくせに自己評価がめちゃくちゃ低くて、他人からの愛を上手に受け取ることができない牧くん。

もしかしたらゲイであることに負い目を感じて、そんな自分は「欠陥品」なのかもしれないと思い、それを補おうといろんなことを頑張って生きてきたのかなぁと思いました。

「料理ができる」自分、「勉強ができる」自分、「仕事ができる」自分。

「ただの」自分は欠陥だらけだから、そういう付加価値をつけるため一生懸命頑張ってきたのかもと思ったら泣けてくる…:;

だから、「自分」より「他人」を優先してしまう牧くんが、最終話で「もう我慢しない」と言ってくれて、モンペはどれだけ嬉しかったことか:;

部長

そんな牧くんのライバルだった部長は、牧くんとは正反対の性格でしたね。

10年間はるたんに片思いをしていたわけですが、アタックを始めてからは、自分と一緒になれば必ずはるたんを幸せにしてあげられる違いないという自信に満ち溢れてました。

一度ははっきり断られたものの、はるたんが同性である牧くんを選んだことで、同性であるという理由で振られたんじゃなきゃまだ望みはあるという、最強にポジディブな理由で再びはるたんにアタック…

どんなけハート強いねん?

私が部長派でなく牧くんを応援したくなったのは、このふたりの性格の差だったと思います。

元々健気一途不憫受けフェチを患っているので、牧くんみたいに自分の恋心を必死に押し殺して身を引いちゃうキャラにめちゃくちゃ弱いんです…

牧くんにハマらないわけがなかった。

主任

途中参戦でしたが、なかなかにいいポジションだったと思います。

バイである部長、ゲイだけどまだ歴の浅い牧くんに対して、主任はきっとゲイとしていろんな経験をしてきたんだろうなあと思わせるセリフが多かったですね。

きっと過去にノンケと恋愛してうまくいかなかったこともあったんだろうなぁ…。

最初は牧くんを取り戻そうとしてたけど、最終的には牧くん、はるたん両方にけしかけて、ふたりの仲を取り持ってくれました。

主任もまたいい恋ができるといいなぁ。

個人的に、主任もどこか牧くんに似ている部分があるので、牧くんタイプじゃなくてむしろはるたんタイプというか、いろいろ破天荒で主任の凝り固まった考え方をバーン!とぶち壊してくれるような人がいいんじゃないかな!と思います。

なんかこう、なじみのゲイバーに行く途中、夜の街で偶然知り合うことになったイケメンチャラホストとか、そういうキャラw

最初は、あんたゲイなんだろ?突っ込まれる方?突っ込む方?とか言われて、なんだこいつ最低だな、って思うのに、なぜかちょくちょく顔を合わせて一緒に飲むようになったりして、最初はケンカばっかりしてるんだけど、牧くんのことで珍しく主任が弱った姿を見せたら、チャラ男がおろおろしだして、不器用にも慰めようとしてくれる姿にきゅんとしたりしてさぁ…。

BLだと主任主人公でスピンオフ化まったなしの位置にいるのでひそかに期待。

はるたん

そして何よりも、このドラマの主人公であったはるたん。

1話の最初らへんでは、こいつマジで無理だと思ったものの、後半でははやくもはるたんの魅力にざわつく始末でした。

はるたんの魅力に関してずっと思ってたのは、小学生男子の持つ万能感みたいなもの。

小学生低学年ぐらいの男子って、言ってることめちゃくちゃだし、自分のことすら全然できてないのに、ふとした時にハッとするぐらい男前なことを突然言うんですよ。

いつもママの言うこと聞かなかったり、手を焼かせたり、大人の心を全く読めないくせに、ママが落ち込んだり弱ったりしてると、それを敏感に察してぎゅっと抱き締めてくれるようなスパダリ感を持ち合わせてるんですよね。

はるたんの持つ魅力って、あれ。

女好きだしエロいしあわよくばみたいなこといっつも考えてそうだけど、誰かが本当に心を痛めているときには、同じだけ自分の心を痛ませることができる子なんだよね。

はるたんのそういうところに牧くんは強く惹かれたんじゃないかなぁと思う。

はるたんの優しさは時に残酷で、誰かを傷つけたくないがあまり流されちゃうシーンがたくさんありました。

そんなはるたんが、最後の最後で牧くんへの想いに気付いて、部長や周囲への迷惑を顧みず牧くんを追いかけてくれた時は、よくやった!!と拍手を送りたい気分でした。

君に会えてよかった

主役の田中圭さんのクランクアップ時の衣装から、どうやら部長の置き手紙を読むシーンが最終カットだったようですね。

だとしたら、田中さんがはるたんとして発した最後のせりふは「君に会えてよかった」

このドラマのポスターにも書かれている一文です。

そんな神がかった撮影スケジュールまで、最初から計算しつくされていたのか!?と思ってしまうほど、何もかもが奇跡のようなドラマですね。

はるたんにとっての君は「牧くん」、牧くんにとっての君は「春田さん」、部長にとっての君は「はるたん」、主任にとっての君は「牧くん」、ちずにとっての君は「春田」。

叶った恋もあれば、叶わなかった恋もあったけど、それぞれの出会いがみんなを成長させたことでしょう。

何年か経ってから、あんなこともあったなって思い出せる恋になってたらいいな。

そして、はるたんと牧くんは、最終回後どうなるのでしょうか?

幻の8話

最終回を迎えてから一週間後、幻の8話騒動がありました。

土曜夜の放送時間に、SNS上で #おっさんずラブ8話 というタグをつけて8話が放送されているという体で盛り上がるというもの。

そしてそれにまさかの脚本の徳尾浩司さんが参戦w

上海編が放送されているという体で呟いてくれています。

その呟きの隙間を埋めて、私も8話を視聴したという体で妄想のあらすじを書きますのでね、お暇でしたらお付き合いくださいw

上海着いて早々、何があったw?
妄想で補足すると、私はここで鉄平兄と瀬川さんに出会ったことにしておきますw
新婚旅行とか婚前旅行でもいいですね。
「有休使っちゃった!」とか言う瀬川さんが目に浮かぶし、「わんだほうも上海に出店するかな~!」とかビッグな夢を抱く鉄平兄も目に浮かびますw

荷物がなかなか出てこないんだね、はるたん。
偽物のドラえもんに絡まれたりしてパニックになり、ついつい天空不動産に電話をしてしまうと。

電話に出たマロは春田のことをすでに忘れているとw

「春田? 誰でしたっけ?」ってね。

それに怒って牧くんが電話を替わると。
はるたんがいなくなったことでマロに説教するのが牧くんの役目になってると予想。

「もう我慢しない」と決めた牧くん、仕事上でも自分の言いたいことを言えるようになってると予想。

パニックになるはるたんを何とかなだめて、少し恋人らしい会話があったりしてね。いや、ある。あれ!
そして空港から上海支店に移動して、新しいメンバーと対面するはるたん。

大物の配置ということで…誰がいいかな。
BL的なドラマであることを鑑みると、斉藤工さんあたりが妥当かと思います。いい演技してくれそうw!

そして上海で住むマンションに帰って荷物をほどくと、トランクを間違えているはるたん。
また牧くんに電話をして泣きついてしまいます。

「着替えや消耗品は現地で買って何とかなるでしょう」ってアドバイスされて、「俺まだ中国語ダメなんだよ~~~~」とかぶつぶつ言ってるはるたん。

はるたんがいなくなって寂しいのに、弱音ばっかり吐くはるたんにイライラして、「しっかりしてくださいよ!子供じゃないんだから!」って怒っちゃう牧くん。

はるたんも売り言葉に買い言葉で、「なんだよ、こっちは環境が変わって大変なんだよ!牧のバカ!」とか言っちゃって、険悪なまま電話が切れます。

翌日、会社は休みで、牧くんとケンカしちゃったことを思い出しながら、自分ひとりで何とかしなきゃって思って、買い物に出かけるはるたん。

一方牧くんもはるたんにきつく当たってしまったことが気がかりで、電話をしようかと思うけど、(もう我慢しないって決めた)という決意を胸に、パスポートを掴んで家を出ます!

中国に降り立つ牧くん!

慣れない国で慣れない買い物をしているはるたん。

日本では牧くんが服を選んでくれていたため、どれを選べばいいかが分からなくて悩みます。
言葉も通じなくて、店員さんと訳の分からないやり取りをして、なぜか抱き締められたりと、てんやわんやです。

そこに上海支店の上司(私の脳内では斉藤工)が偶然通りかかり、はるたんの買い物に付き合ってくれることに。

中国語ぺらぺらでスマートに買い物を進めていく上司にすっかり尊敬のまなざしを送るはるたん。

「すげぇっすね!」「そんなことないよ。そうだ、中国語の参考書たくさんあるから貸そうか?」「いいんですか!?」「俺はもう使わないから。今日の帰り、うちに寄っていきなよ」という会話が。

すっかり上司さんに懐いたはるたん、日本での営業所の話題から、牧くんという恋人がいることを打ち明けます。

牧くんが男なこと、今はケンカしちゃってるけど、すごく大切に思ってることを話すはるたんを、じっと見つめている上司さん。

中国に降り立った牧くん、住所を聞いていたはるたんの部屋に向かいますが、留守。
はるたんに電話をかけます。

カフェで一休み中、はるたんが置いていった携帯に牧くんから着信があり、上海支店の上司が電話を取っちゃいます。

「君が春田くんの彼氏? あ、でもケンカ中だっけ」「…あんた誰ですか」っていう不穏なやり取り。

「春田くん、今夜俺の部屋に来てくれることになってるんだよね。こんな簡単についてきちゃっていいのかな?ケンカ中だって聞いてるし、春田くんの中ではもう別れる予定かな?」

電話から聞こえる館内放送でショッピングモールにいることを知る牧くん。
急いでショッピングモールに駆けつけ、館内を走り回ってはるたんを探します!

なんかこう、ショッピングモールの一階部分を牧くんが走って、誰かにぶつかったりしながらも足を止めずにはるたんを探す姿を、吹き抜けの上の方からワンカットで撮るような…そういうシーンですね。

トイレに行ってたはるたんは、迷子の女の子に出会って付き添うことになりますが、中国語が話せないせいで誘拐犯に間違われ、警察まで呼ばれて大ピンチ。

騒ぎに気付いた牧くんがその場に駆けつけます。

汗だくで、息も切れてるのに、「何やってんすか」と呆れたように、だけど笑顔で言う牧くん。

中国に行ってまで困っている人を放っておけないでいる春田が愛しくて仕方ないという表情です。

「ま゛~~~き゛~~~~~」と牧くんに抱き着くはるたん。
牧くんが中国語で説明をして事なきを得ます。
それを遠くから見ている上司さん。

一件が落着し、牧くんが来たことで上司さんとはここで別れることになるはるたん。
「ありがとうございました!」って挨拶してるはるたんとは対照的に、上司さんのことをがっつり睨んでる牧くん。

「今度ゆっくり飲みにでも行こうよ。俺、ふたりに興味があるんだ」などと意味ありげなことを言って去っていく上司さん。
その帰り道、中国に来てまで路上で歌っている鉄平兄のそばを通り過ぎます…。

はるたんと牧くんもはるたんの部屋へ向かいます。

「は~ほんとに逮捕されるかと思った」と疲れた様子のはるたん。
「だから中国語勉強しとけって言ったのに」と牧くんの説教をくらっています。
「俺やっぱ牧がいねぇとダメだ~」
「またそうやって甘える――」って引き続き説教しようとしたら、ぎゅっと抱き締められます。

「服のセンスも悪いし、料理もできねぇし、中国語もしゃべれねぇし」
「自分で言うなよ」
「…来てくれて、ありがとな」

おでことおでこをくっ付けあって、微笑むふたり。

上司さんは実は男性に片思いをしていて、ふたりの関係に興味があるという妄想までしています。

そして鉄平兄はわんだほう上海店を開き、瀬川さんは結婚退職して一緒にお店を盛り上げるんでしょうw

だけど上海編も7話ぐらいあると思ったら、上司さんの絡みだけで7話ももたないし、もっと大きなネタが必要ですね!(真面目か)

私の脳では盛り上がりに欠ける8話しか妄想できないのが悔しいです。

BL的王道でいえば、中国マフィアや人身売買オークションなどのネタが鉄板ですけどねw!
あと似合わない女装なんかも鉄板ネタなので、ぜひはるたんに似合わないチャイナドレスを着てほしいところですね…中国だし…。

という妄想を頭の中で繰り広げていると、やっぱりまたはるたんと牧くんに会いたくなってきますね~。

脚本家さんもまだまだ書き足りないようなので、またこのふたりと会える日が来ることを信じて、気長に待ちたいと思います^^

最後に

1話であまりの神ドラマな予感に興奮し、ノリと勢いでネタバレ感想を書くことにしたわけですが、ドラマを書き起こすのは思ったより大変な作業でしたw

だけど、だいたい日曜日を半日使ってましたが、なによりもこのドラマが本当におもしろくて、繰り返し見ることが全く苦になりませんでした。

むしろ繰り返し見れば見るほど新たな発見や複線の回収に気付けたりと、深みを増すドラマでした。

そして、おっさんずラブのネタバレ感想を書き始めてからちらほらコメントをもらえるようになりました!

リアルで語り合える友達もおらず、興奮を持て余して好き勝手書き殴った記事に反応をもらえてとても嬉しかったです^^

住むところも年齢も境遇も違うけれど、このドラマを通じて一瞬でも私の人生と誰かの人生が交差したことを嬉しく思います!

こんなところまで読んでくださっているあなたへ、「君に会えてよかった」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ホーリー より:

    初めましてテエラさん。
    大阪にお住まいとのこと。今朝の地震は大丈夫でしたか。私は神戸在住ですが、かなり揺れて怖い思いをしました。ご無事をお祈りしています。
    テエラさんのおっさんずラブの記事、大変面白く拝見しました。春田へのツッコミが的確で、秀逸…!!総評も待っていたので、書いてくださって嬉しいです。
    私はまだ腐女子という言葉もなく、やおいといっていた頃からゆるーく腐っている40代の主婦です。ホーリーと申します。
    私もロスというより、おっさんずラブの幸福感の中をまだまだ漂っている、という感じです。幻の8話もありがとうございます!ツイッターで盛り上がったのは知っていたのですが、詳しい内容は分からなかったので、楽しかったです。妄想補完もごちそうさまでした!
    私も二人がどこかで生きているような気がしてしまいます。season2も見たいけど、神(徳尾さん)がまた二人に試練を与えるぐらいなら、そっとしておいてあげたい、とか訳の分からない感情が湧いてきます(ドラマなのに)。役にこんなに命を吹き込めるなんて、圭君と遣都君は本当に凄いですね。
    大変な時にこんなコメントをしてすいません。また良かったらブログに遊びに来させてくださいね。

    • teeranoblog より:

      はじめまして、コメントありがとうございます!
      地震、お気遣いありがとうございます。怖かったですね(>_<) 大阪もかなり揺れましたが、大丈夫です^^ おっさんずラブ、世間的にはロスなんでしょうかね? 最終回があまりにハッピーなエンドだったので、ずっと幸せな気持ちでふわふわしてますw 幻の8話、まさか脚本家さんが参戦してくださるだなんて、すごい時代になりましたね~! 私も、season2があるならもちろん見たいんですが、ああやってみんなの愛に包まれてくっついたはるたんと牧くんなので、もうこれ以上の試練に揺らいではほしくない気持ちです。 事件は起こらなくていいので、ただひたすらにふたりの日常を流してほしいですw ほんとほんと今回のドラマは役者さんのすごさをひしひしと感じることができましたね。 今までこんなにもドラマの役そのものに感情移入してハマったことがなくて、改めて役者さんってすごいなぁと思いました! 今もずっとはるたんと牧くんが変わらない幸せな日々を送ってると、そんなわけはないけど、そう信じられてしまいそうな説得力ですね…♡ ネタバレ感想、読んでもらえて嬉しかったです、ありがとうございました!

  2. すっかり沼ってる より:

    ずっと待っていました(笑)
    最終話の感想には書きませんでしたが、次週が待ち遠しくてたまらないドラマ
    何年ぶりだろうと思えるものでした。
    そして8話のTwitterから読み取る物語が素敵すぎます。
    テエラさん、文才ありますね。妄想出来ますよ。あーほんと上海編が見たい
    ですね。またお邪魔します。ステキな感想ありがとう。

    • teeranoblog より:

      待ってたなんて、嬉しいお言葉ありがとうございます!
      こんなに一週間がドキドキそわそわなドラマ、珍しいですよね~!
      オンエア中は日々が生き生きしてましたw

      幻の8話妄想も読んでもらえて嬉しいです^^
      上海編、いつか2時間スペシャルとか、なんなら劇場版!とかで見れないかなぁと期待しつつ…!

      こちらこそ、コメントありがとうございました!

  3. ねね より:

    テエラさん初めまして、ねねと申します。
    更新されるのを楽しみに待っていました。
    素晴らしい総評まで、毎回うなずき、泣き笑いながら読ませていただきました。
    こんなに何度も何度も繰り返し見返しては胸が苦しくなるドラマは初めてでした。
    しかし、周りに見ている友人がいないし、今時SNSもやっていなくて、
    世間での盛り上がりもわからず、もんもんとしていた時に
    テエラさんのサイトに辿り着けて、テエラさんの感想のおかげで、私の胸のつっかえやモヤモヤが少しずつ晴れて幸せな気分になりました。
    こうやってコメントするのも初めてなもので、ちょっとカタイ感じでごめんなさい。
    語彙力もないもので、私の気持ちが伝わってるかどうか心配ですが、
    とにかく、テエラさんのの感想・突っ込みが大好きでした。
    出会えて良かった。ありがとうございました。

    • teeranoblog より:

      はじめまして、コメントありがとうございます!

      更新を楽しみにしてもらえるなんて、光栄です…!

      私も、ここまでハマったドラマは初めてでした…
      何度繰り返して見ても、胸がぎゅっとなりましたね:;

      私も語り合うお仲間がおらず、ここに吐き出すことで興奮を発散していたので、お役に立てたなら嬉しいですー!

      出会えて良かったなんて言ってもらえて、じーんとしてしまいました…ありがとうございます:///;
      私も、見切り発車で書き始めたドラマ感想で、こうしてねねさんとつながることができて嬉しいです。
      見つけてくださってありがとうございました!

  4. たかりん より:

    始めて沼にはまったドラマでした。本当にドラマを見返すような詳しい描写やコメントが凄いですね!一気読みをさせていただきましたが、まさに愛のあるコメントで感動しました。まだまだ沼にはまりながらどこかで生き続けてる牧春に想いをはせます。

    • teeranoblog より:

      一気読みしてもらえたなんで、嬉しいですー!
      ほんと、どっぷりハマってしまいました…
      愛だけはいっぱい書き散らかした感想ですが、楽しんでもらえたならよかったです^^

      きっと今この瞬間もはるたんと牧くんはどこかで幸せに暮らしてますよね。
      そんな風に思えるドラマに出会えたことに感謝です。
      コメントありがとうございました!

  5. sss より:

    初めまして!
    「おっさんずラブ 感想」でこちらのブログを発見し、腐女子歴25年のプロの方の「厳しい目で見た~」というタイトルに目を引かれ、楽しく記事を読ませていただきました。

    揚げ足を取るようで申し訳ないですが、「各登場人物について」の記載の前の文章が「林郁都さん」になってしまっているので、ご確認のほどよろしくお願いします。。
    確認、訂正次第このコメントは削除していただいて構いません!

    • teeranoblog より:

      ご指摘ありがとうございます、修正してきました~お恥ずかしい///
      削除で、とのことでしたが、こちらでお礼を言わせてくださいね^^

      厳しい目で見ても厳しい意見は全く出てこない素敵なドラマでした!
      感想、読んでくださってありがとうございましたー!

  6. ホーリー より:

    テエラさん、こんにちは。ホーリーです。
    おっさんずラブの公式ブックが出て、あまりの嬉しさに遊びに来てしまいました(笑)
    グッズも続々と出てますね~!
    テレ朝祭りも行きたい!(でも行けない)
    そして公式が出してきた遣都くんのオフショットの美しさ…。目を奪われました(*_*)
    まだまだおっさんずラブは終わりませんねw

    • teeranoblog より:

      ホーリーさん、こんにちは!
      公式ブック出ましたね~!
      ちょっともう、あの、今さらこんな爆弾を投下されてしまうと、続編やってくれなきゃ興奮のおさめようがないですよね…せめて映画かSPドラマ…!

      オフショット、ほんとに美しかったですね…絵画かと…宗教画かと…。
      ドラマオンエア時のハラハラだったりきゅんきゅんした気持ちをまた思い出して、胸がぎゅっとなりました:;

      まだまだ終わりませんねー!
      何か動きがあることを祈りつつ…公式から与えられる餌をおいしくもぐもぐして待ちます^^!

  7. あすか より:

    初めまして、いまさらながらおっさんずラブにハマって者です。
    時期も違うし周りに語れる友もいない中でテエラさんの感想を読んでそうそう!!と共感爆発してました。
    わたしも牧にどうしても偏ってしまう派だったので余計にかもしれません。
    元腐女子で10年以上特定のカプにハマってないのでおたく抜けしたと思っていましたが、、、人間の本質なんてそうそう変わらないことをこのドラマをみて思い知りました(笑)
    幻の8話で盛り上がったりとかあったのですね!テエラさんの想像素敵すぎてもう本当に本当に見たいです!
    今年の楽しみは夏の映画化…♡
    スクリーンで牧に、はるたんに、会えるのが待ち遠しいです。
    テエラさんに、このサイトに出会えてよかった。

    • teeranoblog より:

      はじめまして!ようこそこんな辺境の地に…!
      共感してもらえて嬉しいです^^

      いつハマっても遅いなんてことはないです!だって映画があるし!

      元腐女子とのことで…腐女子がぶりかえしてからが一番ヤバいと私の中でもっぱらの噂なので、卒業は一生できないと覚悟を決めてください!
      映画、本当に楽しみですねーっ!
      内容もですが、映画のPRとかでまたはるたんと牧くんのツーショットが見れるのが今から楽しみです。
      こちらこそ、あすかさんに出会えてよかったー!