腐女子が「おっさんずラブ」を厳しい目で見たネタバレ感想 2話

こんにちは、腐女子歴25年のテエラです。

さて、やってまいりました第2話。

この一週間、ほんっ……とに長かった…。
1話を繰り返し見ては悶え、部長のインスタを見ては悶え、金曜日ぐらいからソワソワして、やっと迎えた2話です。

それではネタバレ感想をどうぞ。

突然のキスから一夜明けて

1話のあれこれを走馬燈のように夢に見て起きるはるたん。
キスのあと、何も言わずに風呂場から出ていった牧くんのことを思い出している。
(昨日のは夢?)って思いながら1階に降りていきます。
台所には、朝ごはんを作っている牧くんの姿。
「夜は遅くなるから冷蔵庫にあるカレー食べといてください」って、いたって普通の態度な牧くん。
朝ごはんのメニューが女子か~~~~!
コーンスープにヨーグルト、サラダ、フルーツ、食パン!
めちゃくちゃ彩りがいいしバランスも取れてる~~~!!
 
牧くん、営業所に異動になるまで実家暮らしだったはずだけど、実家で料理してたのかな~偉いな~
 
はるたん(昨日のは何なの?なかったことになってんの?もしかしてどっきり?)

この声がかわいい

先に出社していく牧くん。
はるたん(神様。こんなに消えてくれないキスの感触、初めてです)
このモノローグ最高か?
 

家を探しに来たのは…

はるたんが出勤すると、普通に働いてる牧くん。
本日の部長の予定は本社でホッとする。
そこに、はるたんの地元の後輩のカズが、婚約者と一緒にあらわれる。

わー、はるたんがちゃんと仕事してる~

カズは作家、婚約者は実業団のマラソン選手。
そんなふたりの新居を探すことになります。
だけど、何件か内覧するけど意見がぶつかりまくるふたり。
自分の職業に対するプライドがあるようで、要望が多い。
ふたりの板挟みになってたじたじになるはるたん…。
帰社したはるたんは、主任にグチります。
話題は結婚についてになりますが、結婚には興味がないらしい主任。
主任「俺には向いてない」
主任「ほんとに愛し合ってるならわざわざ結婚なんて形にこだわる必要ないだろ」

これは何かの伏線でしょうか…。
主任、見るからにキャラデザがBL向きですからね。

「愛ってなんなんでしょうね…」ってしみじみ呟いてしまったことから、「友達の話なんですけど」というベタベタな前置きをしつつ、主任に恋愛相談をするはるたん。

この「友達の話なんですけど」と前置きしつつ相談を持ち掛けるの、BL作品でよく見るやつー!

それを盗み聞きしてる瀬川さんw
意識してなかった相手からキスされたけど、そのあと相手は何もなかったような態度を取るって、どういうことなんですかね?
主任「本気だな」
それが男女の話じゃなくて、男同士だってバラしちゃうはるたん。

はるたん「男子校のノリなのかなって」
主任「ノリじゃないな」

いちいち即答な主任w

会話に加わってくる瀬川さん
「どういうキス?」って言われて、「こう、ちゅって感じで」「よく分かんなかったんですよねー」って答えちゃって、はるたん自身の話だとバレバレな空気に…。
ちゅって感じ?
そんな軽かったっけ?
 
わりとがっつりめに見えましたけども???
 

ランチミーティングが嵐の予感

牧くんは、はるたんのデスクに書類を置いたはずみに、部長が明日、ランチミーティングにはるたんを誘っているメールを見てしまいます。
一方その頃の部長は、はるたんからの返事を見てめちゃくちゃ嬉しそうです。

部長、恋する乙女の顔してるw

部長の離婚話の進展は?

わんだほうで、ちずの就職が広告代理店に決まったことについて話してるふたり。
部長とどうなってるか聞かれるはるたん。

はるたん「何もないよ」
ちず「諦めたのかな?」

一方その頃、部長の奥さんは熟年離婚についてググってます。
『不倫の場合は証拠保全』の文字を見て、これだ!と思い立ちます。
スーツをコロコロしてみて、部長のものではない髪の毛を発見!
机の中も漁るものの何も出ず…。
奥さんが動き始めましたね…。
 
部長が離婚を待ってくれと言った件について、誠実だという評価をするちず。
真剣に考えるよう勧める。
お前、ほんとうに俺が部長のものになっていいのか?
玉の輿だよ?
たまっていう響きが何かヤだなはるたんw

タマって何回も言うなしw

その時、牛乳買ってきれほしいというメッセージを牧くんから受信。
複雑な表情のはるたん。
 

瀬川さんの勘が鋭すぎる

牧くんはまだ職場にいます。
物憂げな表情のところに、メッセージの受信音。
慌てて確認するけどスパムメッセージです。
あ~切ない。切ないよ牧くん。
牛乳の買い物を頼んだのは、はるたんの反応を探るためかな?
 
そこへ、忘れ物を取りに帰ってくる瀬川さん。

瀬川さん「暗い顔しちゃって 恋の悩み? 誰かの返信待ってたでしょ! 本社の子?」

牧くん「好きになっちゃいけない人を、好きになってしまったっていうか」
牧くん「最初から可能性のない恋ってあるじゃないですか」
牧くん「なのに止められない自分が嫌になるっていうか」

この諦めが混ざった笑みが切ない…!

もうね、牧くんがこんな風に思ってたという事実に私は胸を打たれるわけですよ…。

「好きになっちゃいけない」「最初から可能性がない」「なのに止められない」って
三大切ない台詞では?

はるたんの恋愛相談を思い出して、牧くんとはるたんの関係にチーン!とくる瀬川さん。

鋭すぎるww

瀬川さん「好きになっちゃいけない人なんていないんじゃないかしら」
「押してうまくいかないなら引けばいいじゃない」
 

牧くんの切なすぎる選択

牧くんが帰宅すると、牛乳が買ってあって、はるたんはソファで寝てます。
毛布をかけてあげると起きるはるたん。
牧くん「冗談ですよ。昨日のアレ。本気だと思ってません?」

牧くんーーーーー(:;)!!!

そういう展開BL作品で百万回ぐらい見てきたけどーーーー!!!

まさか君の口から―ーーーー!!

牧くん「あそこは、おおい!って突っ込んでほしかったんです」
牧くん「男子校のノリみたいなやつ!」

あかんあかん、切ない、切なすぎる(:;)!!!

今! この瞬間!

私は牧くんのモンペと化した!!!!
(一途で報われないキャラに弱い)

はるたん「マジで焦ったからぁ。目がマジだったから!」
はるたん「マジで出てってもらおうと思ってたもん。男同士でキスとかマジでねーから」

ちょ、おま…春田…
牧くんが冗談って言ったからとは言え、言葉が過ぎるぞ…

ダメだ、牧くんが笑顔のままグサグサ傷ついてるのが分かる…分かるぞ…

笑ってるけど、切ない表情の牧くん。

牧くーん!
何考えてるの(:;)!?!?!?

苦しいけど、これでよかったんだ… とか思ってるのかなぁ…。

はるたんが去ったあと、はるたんのスマホがメッセージを受信する。
『12時に本社の屋上で待つ』という部長からのメッセージを見ちゃう牧くん。
 

部長の不倫相手のヒントを得る奥さん

部長夫妻の寝室。
奥さん、寝てる部長の横でスマホチェック。
顔認証で、寝てる部長の目をちょっと開けるw
部長「はるたん…」
奥さん「好きなの?」
部長「うん」
奥さん「誰が好きなの?」
部長「はるたん…」
奥さん「はるか?」

部長の寝言が舌足らずでかわいいし、夢に見るほどはるたんのことを…!

牧くん推しな私だけど、部長は部長で応援したくなっちゃうから困る~!

運命のランチミーティング

再び、後輩夫婦の内覧日。
最初から険悪なムードにはるたんはおどおどしてます。
予想通りバトルが勃発して、結婚を辞めるという話にまで発展してしまいます。
その頃、営業所には奥さんの姿が。
主任は顔見知りのようです。
お昼どき、屋上で予定通りふたりきりのランチミーティング。
ベンチに隣り合って座ってるふたり。
部長お手製のお弁当がはるたんの顔デコで、戸惑うはるたんw
部長のお弁当マジすごいw
これいつ作ったの?奥さんに気付かれなかったの?大丈夫w?
 
部長「ドキドキするぅ。はるたんの口に合うかな」
はるたん「おいしいです!」
部長「星みっつ?」
はるたん「はい!」
部長「あーやったー!」
おもむろに自撮りツーショットで記念撮影する部長。

これwインスタに上がってる写真~!

話題は後輩夫婦の家探しの件へ。
仕事の話になると即上司モードに切り替わる部長。

めっちゃダンディだし頼りがいあるし、このギャップがクセになるw

10年前のことを思い出す。
娘夫婦が勝手に家を売ろうとしたことにおじいさんが怒っちゃって、その時も板挟みになったはるたん。
実は家を売りたくない理由は、庭に植わってる木を亡くなった奥さんが大切にしてたから。
その話を聞いて号泣してるはるたんの回想シーン。
新しい家に木を移植することを提案するはるたん。
他人の話で号泣できるはるたん、心が優しい子…。
自分のことのように人の心に寄り添える人は素敵です。
 
はるたんの背中を撫でくりまわしながら、真剣にはるたんを励ます部長。

背中撫でるなしw

その頃、本社玄関には、屋上を見上げてる牧くん。
思いつめた表情です。
牧くん来ちゃった…!!!
 
「その話の続き、覚えてる?」と切り出す部長。
その初めての契約を終えて会社に戻ろうとした時、、契約書の入ったかばんをひったくりにあったはるたん。
追いかけて捕まえたけど、部長が何もないところで躓いてすっ転ぶw
はるたん「僕の記憶はここまでです」
部長「そのあとあったじゃーん!決定的な瞬間が!」
部長「あったじゃーーーーーん」(絶叫)
部長ほんとw突然たかぶるのおもしろいからやめてw
これよく俳優さんたち笑わないよねぇw
 
1話の病院での、なんてこった!とか、林くんよく笑わないなぁって感心したもんw
 
回想シーン。
公園のベンチで、買ってきた湿布を部長の足首に貼ってあげるはるたん。
手当てを終えたはるたんは、ひざまづいて部長に靴を履かせてあげます!
恋に落ちた表情の部長!飛び立つ鳥たちw!
演出はギャグっぽいけど、ひざまずいてるはるたんに不覚にもときめいてしまう…!
王子様っぽい!!
 
部長「あの時、お前が俺をシンデレラにしたんだ」
はるたん「嘘でしょ!?」
部長「大丈夫だ、妻とは離婚の話をしてきた」
はるたん「ぶちょぶちょぶちょ」
 
すごいパワーワードきた。
 
でもごめん、予告とかで見た時絶対笑うと思ったけど、何か胸がぎゅっとなって笑えなかった(:;)
 
部長、上司としてめちゃくちゃ頼れるし有能だし、良い上司、良い夫としてずっと生きてきたんだろうなって…。
 
そうやってずっと張りつめてたものが、はるたんの純粋な優しさに触れた瞬間、ふっとゆるんでしまったんじゃないかと思ったら…(真面目か)(真剣か)
 
だって、バイじゃない部長がはるたんのこと好きになって、10年間好きなままで、ついに熟年離婚切り出すまでって、よっぽどのことだもんねぇ(:;)
 
 
牧くん登場!
うわー!!ここに牧くんー!!!
 
営業所では奥さんが、女性社員の中に「はるか」がいるかどうかを探ってます。
業務時間中に公私混同は辞めてもらえませんか、と強気で部長に言い放つ牧くん。
牧くんどうした!?
 
牧くん「春田さんが嫌がってるのが分かんないんですか」

牧くんの突然の行動に驚いてるはるたん。

牧くん「春田さんから手を引いてください」
牧くん「部長に春田さんは守れません!」

ま、ま、牧くん、もしかして、もしかして!?
 
牧くん「俺は、春田さんが好きです。例え相手が部長でも絶対に渡しません!」
牧くんー!?!?!?!
えっ、どうしたの!?
 
一度は冗談だったとごまかしておきながら!?!?!?
 
はるたんは、以前牧くんに冗談だと言われた時のことを思い出して、「おおい!」と突っ込みますが、牧くんはスルーしますw
睨み合う部長と牧くん。
勢いが足りないのかと思ってるらしいはるたんは、やや勢いをつけた感じでもう一回「おおい!」と突っ込みますが、牧くんにうるさいと怒鳴られますw
このくだり、田中さん天才かというほどおもしろかったw
 
「おおい!」に勢いをつけようと溜めてる動きが天才すぎてww
 
はるたんと一緒に住んでることを部長にバラす牧くん。
対抗して、10年一緒に働いてることを主張してくる部長。
牧くん「大事なのは長さより深さだと思うんです」
部長「はるたんのいいとこ10個言えんのかよ!」
牧くん「春田さんの悪いとこ10個言えますか!?」
名言きたこれ!!
 
すごい、すごいぞ!今世紀最大の名言では!?!?!
 
好きな人の良いところだけじゃなく、
悪いところをも知り尽くして、
それでもなお好きだと言える愛の深さ!!!!
 
牧く~~~~~ん(:;)!!!!!
 
部長「かわいすぎるー、存在が罪ー、ピュアー、かわいすぎるー」
これは完全に推しの魅力を語ろうとして語彙力を失くしているときの私たちの姿ですね。
非常に強い既視感があります。
かわいすぎるが2回入ってるあたりね。
 
牧くん「優柔不断、朝不機嫌、服脱ぎっぱなし、好き嫌い多い、靴揃えない、皿洗わない、ちょっとそれ一口ちょうだいって言う、改札で引っかかる、方向音痴、うつ伏せで寝るー」
めっちゃすらすら、淀みなく、はるたんの悪いところ10個を挙げる牧くん!
 
っていうか悪いところか?っていうのも混ざってるし、なんなら牧くん、それはるたんのチャームポイントと思ってない?とすら感じさせる絶妙な10個w
 
改札で引っかかるのはなぜなのw?
 
はるたん「そんなにか?」
はるたん、一瞬素で落ち込んでるやんw
 
口論がエスカレートして掴み合いになる部長と牧くん!
止めに入ったはるたんは突き飛ばされてしまいます。
「ガキ!」「じじぃ!」と言い合いながら揉めるふたりに、ついにキレるはるたん。
ここもうほんとw腹よじれるくらい笑ったwww
 
突き飛ばされて転がったはるたんが 凹 みたいな格好になっててww
 
はるたん「俺のためにケンカするのやめてくださぁい!」
冷静に聞くとすごい台詞だなぁw
 
その時チャイムが鳴って、昼休みが終わります。
「仕事に戻るぞお」「そうですね!」とスタスタ戻っていくふたりにはるたんはおろおろしながら、部長のお弁当を慌ててかき集めるw
ちゃんとお弁当しまうはるたんがかわいいなw
どうしたのかな…後で食べたのかな…そっと部長に返したのかな…。
 
営業所で、先ほどの一件のことか、髪の毛をかき乱して悶えてるはるたん。

髪ぼっさぼさw

頭が見たことのないシルエットになってるw

そこへ後輩から電話があって、家はもう結構ですと言われます。
はるたん「俺がちゃんと間入ってやるから、明日もう一軒だけ見てよ、頼む」

何か頼れるのとは違うけど、いざという時どこまでも親身になってくれそう…
絶対いい先輩だよね、はるたん:;

ついに牧くんの本音が炸裂

夜、家の前まで帰って来るものの、やっぱりわんだほうに向かうはるたん。
しかしわんだほうのカウンターには牧くんがいます。

「なんでこっちにいんだよ」と小声でぼやく。

牧くんから離れた座敷に座るはるたん。
その距離に、ちずが「なんでこんな険悪なの?」と尋ねます。

ど、どうしよう、何だかもうザワザワしてきたぞ…。
 
ちず「何があったの」
牧くん「何もないです」
はるたん「何もねぇってことねぇだろ」
牧くんの、昼間の部長へ対する言動を怒るはるたん。
はるたん「冗談もいい加減にしろよ!」
牧くん「冗談なわけないじゃないですか」
なんだかもうヤケクソ気味な牧くん(:;)
あの三大切ない台詞を聞いた後だから、見ていてつらいよ(:;)
 
牧くん「好きなんですよ!!」
牧くん「俺は春田さんが本気で好きなんですよ!!」
大声で怒鳴る牧くん。
隣で聞いてたちずはぽかーんとしています。
 
言った―!
 
めちゃくちゃストレートに言ったー!!!!
 
いやまさかちずのいるところで言うとは思わなかった…。
 
牧くん、1話で合コン参加してたし、ゲイなこと隠してると思ってたんだけど、意外と大胆だよなぁw
 
牧くん「相手が部長だろうが何だろうが、そんなの関係ないじゃないですか」
はるたん「俺別にそういうつもりで一緒に住んでるわけじゃねーからな!」
牧くん「分かってますよそれぐらい!」
はるたん「一緒に住み始めたのもさ、飯とか掃除とかも、全部そういうつもりだったのかよ! 裏切られた気分だわ!」
牧くん「そうですね!すみません!」って涙声
あ~…はるたんこれやっちゃったなぁ…。
これは言ってはいけないやつだったなぁ…。
 
牧くんだって、最初からはるたんのこと虎視眈々と狙って同居したわけじゃなかったよね。
一緒に過ごすうちに、はるたんに惹かれていっただけだよね。
 
それを、ゲイだからって、さも初めからそういうつもりだったって扱われたら、ショックだよね(:;)
 
わんだほうを出ていく牧くん。
はるたんは、ちずにビンタを食らいます。

ちず「最低!一緒に暮らそうってあんたの方がから言ったんじゃないの!?
   被害者面してるけど、行為に甘えてたのはどっちよ!
   相手を思いやれないあんたに、一緒に暮らす資格なんてないよ」

ちず、よくやった!よく言った!
 
はるたん呆然となります。
 

自分の気持ちに向き合うはるたん

誰もいない家に帰宅。
冷蔵庫にあったカレーを食べるはるたん。

「くっそ…超うめぇ」

あ~~~~…ここで最初のカレーが活きてくるのかぁ…
うまいなぁ…!
 
多分、カッとなってあんなこと言ったけど、牧くんの優しさは本物だったって、カレーを食べて思ったんだろうねぇ(:;)
 
はるたんは言動は浅はかだけど、こうやってちゃんと物事の核心に気付くことができるいい子だよお(:;)
 
はるたんはちずの言葉を思い出して、家を飛び出す!

牧くんを探して走る!走る!

サラリーマンにぶつかってゴミ捨て場に突っ込んでも、走る!

はるたん、行けー!!
 
はるたん(確かに牧との生活は楽しかった。
     もし牧が女だったらあの告白は嬉しかったのだろうか。
     ただ牧が男だからダメなのか。俺は俺は…)
このモノローグも最高か?
やっぱりBL作品で百万回ぐらい読んだけど、うっかり泣きそうなほど最高です。
 
「ロりで巨乳が好きなんだよーくそーー!」と絶叫するはるたん。
ここでそれ言うのw
 
だかしかし腐女子は思った。
ロリで巨乳なら、牧くんもロリ顔だし(おい)いけるんじゃない?と…。
 
高台の公園のベンチで牧くんを発見します。
はるたん「さっきはごめん」
自分からちゃんと謝れるはるたんはえらい。
 
牧くん「春田さんって、何にも見えてないですよね」
友達に呼ばれてるからとその場を立ち去ろうとする牧くん。
はるたんは腕を掴んで引き留めます。

この友達に呼ばれてるっていうくだり、伏線なのかな?ってちょっと思った。
まさか主任とか?なんてね…。

牧くん「可能性がないなら優しくしないでください。
    
ルームシェアなんてするんじゃなかった。
    出ていきますから、全部忘れてください」
はるたん「それはヤだ」
アッー(:;)
切ない切ない(:;)
 
もうおめめがうるうるな牧くん。

牧くん「何もかもが違うのに一緒に暮らすなんて無理です」
はるたん「でもさ、俺にはさ、多分、何て言うかお前が必要なんだよ!」
牧くん「どういう意味ですか」

はるたんに背中を向けたまま尋ねます。

ここからね、牧くんはずっとはるたんに背中向けてるけどね、苦しいほど切ないよ~!
 
はるたん「一緒にいて楽しいしさ、俺ダメなとこあったら直すからさ、
     その、友達として?
     今までみたいに普通に暮らせないのかなぁ?」
これ、はるたん半泣き(:;)っていうかほぼ泣いちゃってる(:;)
 
どういう気持ちだろう。
 
本当に良い友達になれて、牧くんと過ごす時間が楽しいのに、それだけじゃダメで、牧くんが離れていっちゃうことがたまらないのかな。
 
鼻すすってる牧くん。
あ~~~背中しか見えないのに、牧くんの表情が目に浮かぶ…。
きっと必死に涙こらえてるよね(:;)
 
牧くん「ずるいですよ、春田さん」
振り返った牧くんのおめめがうるっうるで、笑顔が切なすぎて、もうダメです。
 
モンペのライフは0です。
 
振り返って歩み寄ってくる牧くん。

背伸びして、はるたんの額にそっとキスします。

は?
 
このシーン美しすぎか?
 
宗教画か?
 
潤んだ瞳で、切なげな笑顔を浮かべ、「普通には戻れないです」と言う牧くん。

そのまま牧くんは立ち去ってしまい、残されたはるたんはおでこにそっと手の甲で触れています。

 

その後、周囲の人々は

天空不動産のHPをチェックしてる奥さん。
春田倉一…ってつぶやいて笑ってます。
後輩夫婦の内覧日。
はるたんは、更地にふたりを連れていきます。
「ごめんなさい、ふたりの希望する条件の家は見つかりませんでした」と言うはるたん。
自分の住みたい家じゃなくて、ふたりが一緒に暮らしていくための家を、もう一度一から考え直してみないかと提案します。
すると、ふたりの将来のイメージについてぽつぽつ話し始めるふたり。
いい感じです。

そんなふたりを見て、ホッとした表情で笑うはるたん。

笑顔のはるたんかわいー!

この子はほんとに…いろいろダメだけど、人の幸せを自分のことのように願える子なんだなぁ…。

そして、再び営業所に奥さんが訪れます。
対応するはるたんに、「春田倉一さん、ですよね?」と確認してから、「あなたにお聞きしたいことがあるの」と言います…。

奥さん、こえー!

2話総評

2話目にして名言と名シーンが多すぎる。

何このドラマ。

今世紀最大の名作では?

「笑って泣ける」をこれほどまでに実感したドラマは生まれて初めてです…。

ギャグとシリアスの配分が、ちょ~~~~~どいい!

おでこにチューのシーンは、正直萌えより切なさが勝ちました。

……いや、勝ったは言いすぎました。

切なさに胸を締め付けられながらも、しっかり萌えさせていただきました。

2話を見てしみじみ思ったことは、BL作品の王道的な展開も多いはずなのに、演じる役者さんの力でここまで心打たれるんだなぁ…ということでした。

いやこれよくあるやつーーーーー!!!!と思いながらも、もうずっと胸が苦しくて痛い…(>_<)

役者さんってすごい!と改めて思わされました。

特に牧くん役の林くんの演技がっ…!

複雑な感情を表現する表情が抜群に素晴らしい!そして美しい…。

田中圭さんも、ガサツでデリカシーがないくせにまっすぐで、どうしても憎めないという、ちょっと難しそうなはるたんの魅力を、見事な演技力で成立させています!

あ~3話が待ち遠しい~~~!

っていうか見たあと興奮で寝付けなくなるので何とかしてください。

毎週日曜日はファミレスでドリンクバーだけで3時間ぐらい感想会議開きたいです。

そんな友達いませんけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする