腐女子が「おっさんずラブ-in the sky-」を厳しい目で見たネタバレ感想  総括

こんにちは、腐女子歴25年のテエラです。

「おっさんずラブ-in the sky-」、1~8話とゆく年くる年SPで全ての放送が終わりましたね。

今回は総評を書こうと思います。

おっラブ関連の記事は毎回タイトルに「厳しい目で見た」とついているのですが、今回本当に厳しい…というか、おもしろかったー!という明るい内容でないので、ご容赦ください:;

最終回を観終わって

惜しい。

このひとことに尽きます。

不動産編と比べて申し訳ないけど、不動産編の時って、天空不動産で毎回何かしらの事件が起こって、はるたんがそれに巻き込まれ、解決する流れと絡んで、牧くんとの関係に気付きがあったりして、成長していくような構成になってたと思うんですよ。

登場人物、舞台は変われど、そういった”春田の成長の物語”を期待してたんです。

だけど、天空ピーチエアラインでは、不動産編ほど職場で事件が起こらなかったんですよね。

まあトイレに落ちた結婚指輪を拾ったり手作りのお守り作ったりはあったけど、そういうのじゃなくて、こう、はるたんにしかできない、はるたんならではの解決法というか~~~!

そういうのを期待してたんです…。

それを通じてはるたんの人の良さや、単純で正しいことなのに今の社会・今の大人にはなかなかできないことをやってのける愚直なまでの純粋さを、魅力を、感じたかったんです…。

そしてまた、いろんな人たちと関わることで成長していくはるたんだからこその恋物語を見せてほしかった…!!

いうなれば、小学生の恋が大人の愛に育つ過程みたいなものを、私ははるたんには感じていたわけです。

今回のおっさんずラブインザスカイ、総合的な感想としては、
おっさん出しすぎラブといった感じでした。

はるたんに絡んでくる登場人物が多すぎて、それぞれのキャラを深く描くには8話では足りなかったような印象を抱きました。

そのせいで、登場人物の人となりや心情がいまいち掴めず、誰にも感情移入できないままストーリーが進み、置いてけぼりにされている感覚でした。

そうなると、不動産編では笑えたコメディの部分がいっきに寒いシーンとなってしまい…ますます心が離れていくという悪循環…。

また、人間関係の描写に時間が取られて、せっかくの航空会社という設定を生かしきれていなかったのではないかとも感じました。

そして、キャラを立たせる必要があるのは分かります。

だけど、成瀬のギャップを前半と後半で際立たせるためだとしても、前半の成瀬の言動がなかなかにヒドかったことや、はるたんの残念さを紹介するエピソードが成人男性としてはちょっと残念すぎたところが、個人的に愛着が持ちにくかった点でもありました。

不動産編のはるたんのダメなところは、合コンでスベったり、飲みすぎて帰ってきて廊下で寝ちゃったりと、まあ社会人でも心当たりのあるダメさだったので、も~^^;という気持ちで見守れたんですが…。

よかったところもありました

ダメ出しばっかりで申し訳ない気持ちになってきたので、インザスカイでよかったと感じたところにも触れてみようと思います。

それは、同性愛というテーマを扱った作品にも関わらず、同性愛を全く特別視しない優しい世界の描写です。

前回の不動産編では、牧くんは自分が同性愛者なことを後ろめたく思い周囲に隠そうとしたり、また同性愛に対して無知なはるたんが職場でアウティング(本人の了解を得ずに秘密を公にしてしまう行為)をしたり、はるたんの母親の、結婚や孫というワードに牧くんが傷つくシーンがあったりしました。

だけど今回のインザスカイでは、「男だから」とか「同性だから」といった台詞が見受けられませんでした。

もちろん登場人物の心の中での葛藤はあったのかもしれませんが、分かりやすい形での描写はなかったように思います。

なので、インザスカイは、不動産編より少し進んだ、性的指向や性同一性等の多様化が受け入れられた未来なのかなぁと考えながら視聴していました。

私は腐女子なので、同性愛に対する偏見は全くないのですが、やっぱりフィクションと現実は同じではないでしょうし、そういった意味ではまだ差別的な見方をしている可能性もあります。

同性愛を扱ううえで、そこにまつわる葛藤をあえて描かないというのはドラマとしてはもったいないと感じた半面、だけどいつか訪れてほしい未来はこういう形なんだなぁと、しみじみ考えさせられるいいきっかけをもらいました。

各登場人物

成瀬

このインザスカイで一番成長したのは成瀬かなと思います。

最初はなんだこの歪んだやつ…って思ってたけど、複雑な生い立ちのせいで人との関わり方が分かんない子なんだな…と分かってからは、印象が変わりました。

手負いの獣か、起動されたばかりのアンドロイドか、というほどに死んでいた感情が少しずつ人間らしくなり、周囲との関係を築いていく姿が健気で、だんだんと応援したい気持ちになれました。

とは言え、最初の印象があまりに悪かったので、何ならゆく年くる年SPぐらいからやっと本気で頑張れ!って思えるようになったので、目覚めが遅すぎました…

でもシノさんに振り向いてほしくて、不器用ながら努力するところは本当にかわいかったので、そういうところをもっと見たかったな~。

シノさんに恋をした成瀬だけど、どこがいいのか聞かれて、どことなく残念で見てらんない、と答えてましたね。

何か成瀬って、自分が不完全な人間だって分かりながら、でもどうすればいいか分からないまま生きてきたみたいな不安定な雰囲気があるんですよね。

なるべく人と関わらず生きてきたのは、そんな風にどこか欠けてる自分に気付かれたくないからなのかなとか。

そんな中で、一見しっかりしてそうなシノさんの、どこか残念で決して完璧じゃないところって、成瀬にとっては親近感があって、安心できる部分なのかなと思ったりしました。

シノさん

衣装が好き。

初めて言いますけど、シノさんの衣装めっちゃ好き。

カーディガン男子、いいですよね…。

衣装の話は置いといても、牧くんモンペな私、元々不憫キャラがツボなので、今回の登場人物の中ではシノさんが最推しでした!

自分の気持ちを押し殺して周りの幸せを願う、そんな控えめなシノさんだから、逆に応援したくなっちゃうんだな~。

離婚歴があって子供もいるという過去を、ずっと罪悪感として抱えていたシノさんだから、はるたんと出会ってその過去に区切りをつけ、ずっと休んでいた恋をまたできるようになったのはよかったなぁ…。

はるたんとの恋は終わってしまったけど、成瀬との恋が育ちそうなので、見守りたい気持ちです。

しかしそもそもシノさんはいつ、どうして、はるたんを好きになったのかがめっちゃ気になる…。

転職組のはるたんだから、採用が決まってから寮に入ったわけで…。

そこで人懐っこいはるたんのことだから、料理上手のシノさんを発見して、うまそ~!食べたい~!ってするっとシノさんの懐に入り込んだのかな^^

それ以来何かとシノさんに懐いて、寮のことでお世話になったり、研修中の愚痴も聞いてもらってたかもしれないね。

ひなちゃん方面から事前にはるたんの話聞かされてた可能性もあるか。

シノさんははるたんのどこに惹かれたのかな?

いろんな感情押し殺して生きてるシノさんだから、感情丸出しのはるたんに惹かれたのかな~。

成瀬との関係はどんなふうに進んでいくのかな。

ここなにげに11歳差なんだよなw年齢差すごいw

けっこう成瀬が押せ押せだったから、気長に待つとはいいつつシノさんを引っぱっていってあげてほしいな。

シノさんは戸惑いながらも、若者の勢いと熱意にほだされていくんじゃないかな~。

キャプテン

今回一番言動が一貫してたのはキャプテンだと思う…!

はるたんに恋をして、告白をしてふられて、諦められなくて、だけど娘とライバルになることが分かって泣く泣く身を引いて…

しかし娘がふられたと聞いては黙っていられず、再びアタックをしようとするものの、はるたんを困らせないためにまた諦めて…

そして複雑にごちゃつく人間関係を、ライバルや利害関係に関わらず、腹割って話そうぜ!という場を設けてこう着状態を救ったのもキャプテンでした。

不動産編では暴走が目立った武蔵だったけど、今回はほんとうにいい上司でいいパパで、できた人間だった…

不動産編からの流れで言えば、今度こそ武蔵の想いが報われて喜ぶところなのかもしれないけど、いかんせん今回の春田には不安しかないw

はるたんに武蔵がふさわしいかどうかというより、このできた武蔵に果たしてはるたんはふさわしいのか?というモヤモヤが残りますw

はるたん

はるたん…ああはるたんや…はるたんや…

不動産編であれほど私たちを夢中にさせたはるたんは…いずこへ…?

主人公であるはずのはるたんなのに、何考えてるのか一番分からんかった:;無念…

成瀬のどこに惹かれて、いつ、どの時点で、どういう気持ちの変化でキャプテンに告白するまでになった!?

きっかけとしてば、キャプテンが仕事を辞めるって言ったことなのかなぁ?

それはあんまりに弱いんじゃないかw?

いつの間に成瀬に強引にキスするほど惚れたのかすら分からんかったのに、いつの間にか成瀬への気持ちを諦めて、いつの間にかキャプテンに惹かれてて、私はすっかり置いてけぼりだったよ…:;

何か今回のはるたんは、成瀬への感情も、キャプテンへの感情も、それ本当にLOVEなのか?という疑問が残ったわ…

成瀬のことが放っておけないのは分かるし、キャプテンが仕事辞めちゃうのが嫌なのも分かるけど…

はるたん迷走…という印象しか抱けなかった…

言い方悪いけど、成瀬のこと好きになったものの、成瀬はシノさんのことが好きだから諦めて、そうしたらキャプテンがいなくなっちゃうことになって焦った、みたいにしかとらえられなかったんだなぁ…

私の読解力が足りないのか…。

そして前述した通り、はるたんの残念具合がガチの残念で、それも残念でした(残念づくし)

いや本当に、それぞれのキャラは悪くなかったと思うんですよ!!

真面目で清楚で聖母だった牧くんとはまた違った成瀬というビッチキャラの投入も間違いではなかった!!

腐女子そういうやつ嫌いじゃないから!!

最初の印象が悪い相手とフラグが立つのも恋愛モノのド定番だから、それも悪くなかったと思うんですよ!!

それならそれで成瀬ルートに絞って、もっと成瀬のビッチエピソードとか、そうなるに至った生い立ちとか過去の事件とか、はるたんと出会ってからの成瀬の変化や成長を丁寧に描いてほしかった…

そうやって、もっとはるたんに感情移入する形で、エッ成瀬最初最低と思ったけどちょっとかわいいじゃん…?みたいに思わせてもらえたら…もっと違ったかな~

なんかこう、フラグがあっちゃこっちゃに立って、主人公が言うこと聞かない恋愛アドベンチャーゲームをプレイさせられたみたいな気分です、今…。

最後に

続編がはるたんと武蔵以外キャラ一新と聞いて、気持ちの整理はつかないままに、それでも役者さんとスタッフさんのおっラブ愛を信じよう!と視聴することに決めました。

ネタバレ感想も毎週書いてみたものの、不動産編とは比べ物にならないクオリティだなぁという自覚はありました。

それでも読んでくださり、コメントをくださったみなさん、ありがとうございました!

このおっラブシリーズ、まだ続く可能性はあると思いますかw?

もしあるとしたら、登場人物は全員入れ替えてほしいと切に、切に、願います。

そうしたらまた、新しい気持ちで見ることができそうです…^^

そしてちょろっと、本筋に絡まない程度の脇役としてはるたんや牧くんが見れたら言うことなしなのですが…。

ほら、方法はいろいろあるじゃん?

牧くんは登場しないながらも、牧くんと電話してるらしいはるたんとか、牧くんの愚痴を言ってるはるたんとか、そういう匂わせ演出?(最後まで牧くんを求めるモンペの図)

いつかまた、こういう消化不良な形でなく、心から、おっラブ最高~!という感想を書ける日が来ることを願いつつ…

ここまで読んでくださってありがとうございました♡!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 上P より:

    テエラさん、総評 お疲れ様でした。本当に、インザスカイは 不動産に比べて かなり残念でしたね。「みんなの感想」などを読むと、酷評だらけで 制作陣を責めている方が 多いですね。スカイのせいで 不動産も嫌いになった等 書かれていると 悲しくなります。
    けれど、いつか続編が もしもあるのなら テエラさんが仰るように ゆく年くる年SPくらいの春田(&牧くん)の登場だと良いですね。
    牧春を越える程のカップリングは、なかなか難しいでしょうから、全然違う雰囲気か、それとも もう「おっさんずラブ」と冠しない方が良いのかもしれませんね。
    テエラさんは、二次創作の小説は 書かれているのでしょうか。もし書いていらっしゃるのなら 是非 読みたいです。
    ドラマ感想も ですが、お料理や手帳について等 どのブログも楽しみに しています。
    先日は、返信もいただき 嬉しかったです。ありがとうございます。体調には、気をつけて 良いお年を お迎え下さいね。(^_^)

    • teeranoblog より:

      上Pさん、コメントありがとうございます!

      私はみなさんの感想をあまり読んでいないのですが(怖くてw)、やはり残念だという声が多いのですね…。
      私はインザスカイのせいで不動産編を嫌いにはなりませんが、そう感じられた方がいることは本当に悲しいですね。
      制作陣も俳優さんも、おもしろいものを作ろうとしたには違いないし、ドラマ制作という大変な作業をされたことへの敬意はあるので、制作側とファンの気持ちがすれ違ったことがもったいなくてたまりません:;

      あっ、二次創作の件に関しては、後日メールでお返事させていただきますね^^

      おっラブ以外の記事も読んでくださって本当にありがとうございます!
      今年も好き勝手いろんなことを書くと思いますので、暇つぶしにでもなれば幸いです~!

  2. amefuri より:

    年末年始の休みが終わり、食べ過ぎによる体調不良と戦っているamefuriです、こんにちは。
    総評、楽しみにしてましたー。私の視聴感想よりよっぽど会いに満ち溢れています^^
    まあ、こんなつまらないドラマをよくもあのOLのタイトル付けたなとあきれたのみです。よく林遣都ファンが彼が出ないからごねてるって言われることもありますが、そういう人って天空不動産をちゃんと観てたの?って思っちゃいます。アレ林遣都でてた?牧って林君なの?ってくらいの変容というか演技というか。あの牧が作り出した世界が天空不動産なんですよね、きっと。春田は元気良くて天然で適度にポンコツで、でも牧はマイノリティに悩む自分にない表裏のない明るさにどんどん惹かれて、部長という恋のライバルが現れて戸惑って焦って告白して撃沈して。そんな牧を春田はだんだん意識し始めて。すると周りの武川さんやマイマイが二人の恋に反応して引っ張ったり応援したりで。そういう流れが演技で見えてたんですよね。あれ牧が他の役者さんだったらって考えてみたりもしましたが、あんなに少ないセリフで観てる人をぐいぐい引っ張れるのは牧以外居ないなあと思いました。加えて牧だから春田が魅力的にみえたんじゃないかと。そう思うと奇跡のドラマでした。
    それに比べてitsの登場人物はみんなよく喋る!いちいち気持ちとか場面設定とかみんな演技じゃなくてセリフで説明していくから聴きごたえはあっても見ごたえはない感じ。もうちょっと「あ、この表情、きっと今切ないんだ」とか思わせてくれても良かったんじゃないかと。だってそれがOLだもの。
    いろんな恋愛を見せようとしすぎて(ミッチーとひな、部長と春田、春田とシノ、春田と成瀬、成瀬とシノ)とっちらかっちゃってどれが正解なんだかどれを推したいのか決めかねる感じだし。ずーっと誰が誰を好きっていうばっかりで仕事もデートもなく、わちゃわちゃしてるだけ。春田は全然素敵じゃないし。あの春田なら牧は絶対好きにならなかったですね。
    ネット上ではOL3の噂もちらほらありますし、圭君がまたitsの皆で何かしたいとか言ってるし、でも「春田は牧と今もどこかで楽しく暮らしていますとさ」で完結してるのでもう私は二度と28歳や30歳の牧にはあえないみたいです。
    さよなら、牧君、春田。
    ということで、テエラさんは「教場」はご覧になりましたか?私は例によって録画のみで視聴できてないのでもしご覧になってたらこちらも総評してほしいです。
    また2020、たくさんの感想を聞かせてください。
    OLきっかけで拝見することになったこちらのブログ、すっかりテエラさんの沼にはまったわたくしです^^
    また楽しみにしています。

    • teeranoblog より:

      amehuriさん、こんにちは。
      年末年始が終わっても、この三連休でまたのんびりモードになってしまって、腰が重い週明けです^^;

      総評、愛があるように感じていただけたのならよかったです…。
      文句を言うだけならいくらでも言えるのですが、制作陣や俳優さんは一生懸命作ってくださったと思うので、やはり視聴者との温度に差が出てしまったのだろうなと…。

      狙ってヒットを飛ばすことの難しさを見せられた気がします。
      どんな作品にせよ、初代を越えるのは難しいですね~。

      それに、田中さんと牧さんの相性というか、演技力の奇跡的なマッチング具合がやっぱり神がかったものだったと思うので、それはもうドラマを作る中ででしか育たないもので、そういう難しいポイントもあったのかなとも思います。

      そう考えると、やはり初代は全てが奇跡のような確率で神ドラマになったわけで、二度はないように思えるのが、残念なような、だけど少し誇らしい気もします^^

      OL3の噂があるんですか!?
      私、あまり中の人は追わない主義なので、インタビューなども読んでおらず、田中さんが今回のOL2をぶっちゃけどういう気持ちで受け止めているのかを知らないのですが…
      数字的なものでは1と2の差などは感じられてますよね…それでもなおOL3をやりたいというのは、すごい度胸ですね:;
      別にOL3を田中さんが演じられることに異論はありませんが、はるたんとしてではなく、また全く違ったキャラクターとして田中さんの広い魅力の幅を見せてほしいなと思います。

      「教場」は見逃してしまったんですー!
      林さん出てたんですよね…
      最近はタイミングが合えばスカーレットを見ています。
      amehuriさんも見られてましたよね^^
      信作の林さん、ちょっと情けないけどちょこまか元気で、スカーレットの中でクスッと笑える部分担当で観ていて楽しいです!

      今年もマイペースに、好きなことをジャンルの枠を飛び越えて好き勝手書いていくと思いますので、暇つぶしにでもお付き合いいただけると嬉しいです^^

  3. amefuri より:

    返信頂いてうれしいamefuriです、こんにちは。
    テエラさんのお蔭で「あとだし」ファン的な私もリアタイのOLの雰囲気味わえて、テエラさんのお蔭で食わず嫌いしてたitsも観る勇気が湧いて。本当に感謝しています。
    私は日本のドラマをほとんど観ることなく、たまたま観たドラマがOLで。やだ私が観てないうちに日本のドラマのクオリティがあがってるじゃん!と食い入るように観たのがOLで。田中圭が可愛いのは知っていたけど林遣都の演技は「京都人の密かなる愉しみ修行中blue」しか知らなくって。で、牧にハマってしまったという。私の中では割と林君と牧は別物で、スカーレット観てるのも「どっかに牧の欠片がないかなー」って思うのですがどこにも見当たらないのがまたさびしいような嬉しいような。ドラマって配役で内容がわかっちゃうところあるじゃないですか?木村拓哉出てきたら主役でモテて絶対ハッピーエンドで女の子かっさらっていくんだろうなあとか、この人犯人間違いなしとか。OLはそういうの関係なしに楽しめたんですよね。まあそのたとえで言うならitsもそうなのかな。でもちょっと狙いすぎてて観てて疲れたかも。
    こんなドラマに面白みを探せない私にとってテエラさんの感想はホント楽しかった!
    本当にこれからも楽しみにしています。あ、料理も!

  4. かなほ より:

    テエラさん、こんにちは。
    総評ありがとうございます。他の方のコメントにもありましたが、テエラさんの総評、愛がありますね。私はitsにあまり感想が持てないもん(笑)

    それぞれの場面場面では、良いと思えるシーンはあるのですが、全体で見ると、どうしてそうなったのか分からず、つながりが見えない…。どっかに伏線あったっけ?見落とした?って感じで…。
    うまく言えないですが、写真集にしたらすごく良さそうなドラマでした。美しくカッコいい男性達が泣いたり笑ったり手をつないだりして、目の保養みたいな…。
    ただ、ドラマとして、続けて見るには、心や気持ちの動きが見えなくて、深みがなくて、辛かったです。(ちょっと意味が分かりにくいかもです、すみません)
    私、不動産編を見て、男女関係なく、人を好きになるって素敵だなと深く感動したのですが、itsではそれを感じられず、本当に残念でした(涙)
    「昨日何食べた」の方が染みました。
    とりとめなくて、すみません。またブログお邪魔させてください!

    • teeranoblog より:

      かなほさん、こんにちは!

      総評読んでくださってありがとうございますー!
      愛がありましたでしょうか…^^;
      ドラマ作成の労力や努力に対してはせめて敬意を払いたいと…スタッフのみなさんも、おもしろいものを作ろうとしたことに違いはないと思いますので…
      それだけに残念でしたが(>_<) 写真集にしたら良さそう、めっちゃ分かります! 細切れでグッとくるシーンはありましたよね~… だけどそれぞれが繋がらないというか…。 登場人物に振り回される感じで、確かに観ていてつらかったですね:; 昨日何食べた、よかったですよね~~~~(大声) しんみり、じわじわ…大きな事件は起こらないんだけど、ふたりのやりとりや日常の隅々に愛が感じられて… また、素敵なドラマに出会えることを祈りましょう~^^